おそらく
あなたがこのページを読んでいるということは
現在体のどこかに
ランニングすると痛みが出てしまうという
お悩みを抱えてらっしゃるのでしょう。

マラソンの怪我。

多くのランナーが
マラソンの練習で脚を痛め
痛みを抱えたまま走っていたり
痛みのせいで走るのをやめてしまったり
僕は鍼灸マッサージ師として
そんな方々をたくさんみてきました。

しかし
そのようなランナーの方のほとんどが
「なぜその痛みが出ているのか?」を
正しく理解できていません。

原因を正しく理解できていないから
正しい対策を講じることができず
結果、痛みを改善することができないのです。

では、マラソンの怪我の原因とは
一体どんなものでしょうか?

大きく分けると、3つあります。

一つは「胴体の硬さ」にあります。

胴体が硬いことで、体の背面の筋肉を上手に使えず
脚の筋肉に頼った走りになってしまう。

それによって
脚の筋肉を無駄遣いしてしまうわけですね。

そして2つ目に挙げられるのが
「着地点が体の真下よりもかなり前に位置してしまう」
ということです。

僕たち人間はそもそも
裸足でも走ることができるような機能を携えています。

その機能を最大限に発揮する為には
「フォアフット(足の前側)」もしくは
「ミッドフット(足の真ん中)で着地することが望ましいのですが
着地点が前方偏位してしまうランナーのほとんどは
踵での着地になってしまっています。

そうなると
前進運動にブレーキがかかってしまい
結果として、筋肉の無駄遣いを引き起こしてしまいます。

最後に、三つ目として挙げられるのが
「股関節の使い方」です。

「股関節の使い方」というと
なんだかザックリとした表現になりますが
股関節の使い方に問題があると
下半身の関節や筋肉、靭帯などに
「ねじれストレス」が加わってしまいます。

つまり、ここでも
「筋肉の無駄遣い」を引き起こしてしまうわけです。

というわけで
マラソンの怪我の原因としてここまで
3つ挙げてきました。

あなたももしかしたら
心当たりがあるんじゃないでしょうか?

マラソン、ランニングというスポーツが
脚の筋肉を使うスポーツであることは
ここで改めていうことでもありませんけれども
怪我をしないために大事なのは
「ある部分だけに負担を偏らせないこと」です。

逆に考えると
ある部分にだけ負担が偏っているから
そこがそのストレスに耐えられなくなり
痛みというサインをあなたに投げかけるわけです。

痛みというサインは
決して心地よいサインではありません。

しかしこのサインは
あなたの「弱点」を、あなたに知らせてくれる
「道しるべ」なんです。

この弱点を克服することで
あなたはまた一つ
ネクストステージに進むことができます。

僕はこのウェブサイトで
出し惜しみなく情報を提供し
あなたのランニングライフをサポートしていきます!